こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ピクルスとふたごのいもうと


商品名

ピクルスとふたごのいもうと

出版社

福音館書店

著者

小風 さち

画家

夏目 ちさ

出版年

2016

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,600円

ページ数 120ページ
サイズ 22×19cm

こぶたの男の子・ピクルスの生活を描く人気童話の第二弾。今作ではピクルスの妹、双子のムギとコムギが登場!泣いてばかりの双子を見て、「あいつら、ほんと、よく泣く」と涼しい顔のピクルスも、留守番を頼まれて静かな部屋に1人でいると、どんどん泣きたい気持ちになり…。そんな「ピクルスの涙」のほか、「ピクルスと朝顔」など4話を収録。お兄さんとして少し成長した(かもしれない)ピクルスの姿をお楽しみください。

<作者紹介>
小風さち(こかぜさち)
1955年に東京に生まれる。1977年から87年までイギリスで暮らした。絵本の著書に「わにわにのおふろ」など「わにわに」シリーズ、「とべ!ちいさいプロペラき」、「ぶーぶーぶー」、「はしれ、きかんしゃ ちからあし」(以上、福音館書店)、「トン・ウーとはち」(講談社)など、翻訳絵本に「みっつのねがいごと」(岩波のこどもの本)、「ちいいさなきしゃとおおきなおきゃくさん」、「おおきな3びきゆうえんちへいく」(以上、徳間書店)などがある。長編ファンタジー「ゆびぬき小路の秘密」(福音館書店)で1994年野間児童文芸新人賞受賞。東京都在住。

<画家紹介>
夏目ちさ(なつめちさ)
1967年に大阪で生まれる。育ったのは鎌倉。小さいときから絵を描くのが好きだった。桑沢デザイン研究所卒業。フリーランスのイラストレーターとして、グリーティングカードなどのイラストを描く。1994年から2000年にかけて、月刊誌「おおきなポケット」(福音館書店)に不定期連載された「こぶたのピクルス」シリーズの挿し絵を担当。絵本の仕事は、挿し絵に「だれかいますか」(福音館書店)がある。1997年から2014年までアメリカのオレゴン州に滞在。現在は韓国に在住。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る