こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

かさをかしてあげたあひるさん


商品名

かさをかしてあげたあひるさん

出版社

福音館書店

著者

村山 籌子

画家

山口 マオ

出版年

2010

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

心優しいあひるさんは、雨のなか外にいるにわとりさんに傘をかしてあげたいけれど、うちに1本しかない傘をかしたらお母さんが困ってしまいます。心優しいあひるさんを描いた表題作をはじめ、川に落ちたまねぎさん、あごひげをなくしたライオンさんなど。愉快な動物や野菜たちが泣いたり笑ったり怒ったり、にぎやかな17編を収めた童話集。 読み聞かせはもちろん、お子さんがはじめて自分で読む童話としてもおすすめです。

<作者紹介>
村山籌子(むらやまかずこ)
1903年に香川県で生まれる。自由学園高等科を卒業した後、婦人之友社で「子供之友」などの編集の仕事に携わる。また、夫で画家の村山知義とともに、ユーモアあふれる童謡、詩、童話を創作した。著書に「3びきのこぐまのくまさん」(村山知義絵/婦人之友社)、「村山籌子作品集・全三巻」(村山知義絵/JULA出版局)などがある。
<画家紹介>
山口マオ(やまぐちまお)
1958年に千葉県に生まれる。東京造形大学絵画科卒業後、イラストレーターとして、雑誌、広告、グッズ制作、絵本、挿絵の仕事など幅広い方面で活躍している。絵本に「わにわに」シリーズ(小風さち文/福音館書店)、挿絵に「椰子・椰子」(川上弘美著/小学館)など多数。2002年「わにわにのおふろ」で第一回アジア絵本原画ビエンナーレ佳作賞を受賞。







































ページの先頭へ戻る