こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ビロードのうさぎ


商品名

ビロードのうさぎ

出版社

ブロンズ新社

著者

マージェリィ・W・ビアンコ

画家

酒井 駒子

翻訳者

酒井 駒子

出版年

2007

対象年齢

5歳〜

価格

1,500円

クリスマスにぼうやのもとにやってきたビロードでできたうさぎ。たくさんのおもちゃにかこまれて部屋のすみで小さくなっていたうさぎは、「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」ことを知ります。しばらくして、毎日ぼうやと楽しく過ごすようになったビロードのうさぎに魔法がおとずれて…。
子どもに心から愛されたおもちゃは本物になれる。子ども部屋の魔法を信じた、ビロードのうさぎにおきた美しい奇跡を感じる感動物語。

<作者紹介>
マジェリィ・W・ビアンコ
1881年にロンドンで生まれる。結婚後、アメリカに住む。初期は小説を書いていたが「ビロードのうさぎ」(The Velveteen Rabbit)を機に絵本の作家に転身。30数点の作品を残している。1944年、ニューヨークで亡くなる。本作品は、世界中で翻訳され今も読み継がれている。
<画家・翻訳者紹介>
酒井駒子(さかいこまこ)
1966年に兵庫県で生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。1998年の絵本デビュー以来、次々と作品を発表。その華麗な画は国内もとより海外でも評価が高い。「きつねのかみさま」(ポプラ社)で2004年日本絵本賞、「金曜日の砂糖ちゃん」(偕成社)で2005年ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)金牌を受賞。「ぼくおかあさんのこと・・・」(文溪堂)で2006年フランスにてPITCHOU賞を、オランダにてZilveren Griffel賞(銀の石筆賞)受賞。装画も多くてがけている。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る