こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

がむしゃら落語


商品名

がむしゃら落語

出版社

福音館書店

著者

赤羽 じゅんこ

画家

きむら よしお

出版年

2013

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,300円

ページ数 176頁
サイズ 21×16cm

小5の雄馬は、心ならずも「特技発表会」にかつぎ出され、落語を演じることになりました。たまたま知り合った冴えない若手噺家に弟子入りしますが、この「にわか師匠」の頼りないこと。それでも、クラスメイトの女の子にも助けられながら必死に練習を積み、迎えた本番の舞台。工夫のオチを用意して臨んだものの、予想もしないテンヤワンヤの事態が起きてしまいます。さあどうする雄馬! ?落語パワーが炸裂する爽快な物語。

<作者紹介>
赤羽じゅんこ(あかはねじゅんこ)
1958年東京に生まれる。青山学院大学文学部卒業。OLを経て結婚後、子どもに童話を読んでいるうちに自分も書きたくなり、自ら創立メンバーとなった複数の同人誌に作品を発表。1997年、「おとなりは魔女」(文研出版)でデビュー、同作で第八回新・北陸文学賞を受賞。創作に「絵の中からSOS」(岩崎書店)、「わらいボール」(あかね書房)、「おまじないのてがみ」(文研出版)、「ピアスの星」「ジャングル村はちぎれたてがみで大さわぎ」(以上、くもん出版)などの作品がある。日本児童文学者協会理事、「ももたろう」同人。
<画家紹介>
きむらよしお
1947年に滋賀県に生まれる。グラフィックデザイン、およびイラストレーションの分野で活躍。絵本の作品に「ぎょうざつくったの」「ねこガム」「じいちゃんのよる」(以上、福音館書店)、「はしれはしれ」「ふとんちゃん」「ゴリララくんシリーズ」(以上、絵本館)など。



ページの先頭へ戻る