こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

やまんば山のモッコたち


商品名

やまんば山のモッコたち

出版社

福音館書店

著者

富安 陽子

画家

降矢 奈々

出版年

1986

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,500円

ページ数 288頁
サイズ 21×16cm

“モッコ”とは、山に住むふしぎな生き物たちのこと。天狗に雷、河童に雪女に化け狐……。やまんば山には、個性豊かな仲間たちがいっぱいです。パワー満点の山姥、ぴちぴち元気なその娘まゆ、それに里村の男の子啓太がくり広げる冒険の数々が、いろどりにみちた季節の移りゆきを背景としてダイナミックに展開します。歯切れの良さとパンチ力が持ち味の「富安陽子ワールド」全開の連作童話集、一読すれば気分爽快、心は晴れ晴れ!

<作者紹介>
富安陽子(とみやすようこ)
1959年に東京に生まれる。3歳から大阪で育つ。高校在学中より童話を書きはじめる。主な作品に「クヌギ林のザワザワ荘」(あかね書房/小学館文学賞・日本児童文学者協会新人賞)、「小さなスズナ姫」シリーズ(童心社)、「シノダ!」シリーズ(偕成社)、「ドングリ山のやまんばあさん」(理論社)、「菜の子先生がやってきた!」(福音館書店/産経児童出版文化賞・推薦)などがある。
<画家紹介>
降矢奈々(ふりやなな)
1961年に東京に生まれる。スロヴァキア共和国・ブラチスラヴァ美術大学にて石版画を学ぶ。月刊「母の友」表紙(福音館書店発行・98年度分12枚連作/P・ウフナール氏と共作)にて99年にベオグラード・イラストビエンナーレ「黄金のペン賞」受賞。絵本の絵の仕事に「めっきらもっきらどおんどん」、「きょだいなきょだいな」、「おっきょちゃんとかっぱ」、「あいうえおうた」(以上福音館書店)「ともだちや」(偕成社)などがある。


ページの先頭へ戻る

キーワード検索