こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ウエズレーの国


商品名

ウエズレーの国

出版社

あすなろ書房

著者

ポール・フライシュマン

画家

ケビン・ホークス

翻訳者

千葉 茂樹

出版年

1999

対象年齢

読んであげるなら6歳〜 自分で読むなら小学校中学年〜

価格

1,400円

ページ数 33頁
サイズ 28×25cm

仲間はずれにされていた少年が、夏休みの自由研究に「自分だけの文明」をつくりだすという壮大な物語。自分だけの作物を育て、自分だけの服を作り、「遊び」を考えだし、「文字」まで発明する。

<作者紹介>
ポール・フライシュマン
1952年にアメリカに生まれる。カリフォルニア大学及びニューメキシコ大学に学ぶ。歴史、音楽、自然科学を愛し、それらをテーマとする著書多数。Joyful Noiseでスコット・オデール賞受賞。邦訳に「わたしの生まれた部屋」(偕成社)、「種をまく人」(あすなろ書房)などがある。
<画家紹介>
ケビン・ホークス
1959年にアメリカに生まれる。ユタ州立大学に学ぶ。作品にMarven of the Great North Woods、Painting the Windなど。
<翻訳者紹介>
千葉茂樹(ちばしげき)
1959年に北海道に生まれる。国際基督教大学卒業。編集者として出版社に勤務。現在は北海道当別町にて翻訳に従事。訳書に「ちいさな労働者」「マンモスの謎」(以上、あすなろ書房)、「恐竜探偵フェントンシリーズ」(小峰書店)、「みどりの船」(あかね書房)などがある。


ページの先頭へ戻る