こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

クリスマスがちかづくと


商品名

クリスマスがちかづくと

出版社

福音館書店

著者

斉藤 倫

画家

くりはら たかし

出版年

2017

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,300円

ページ数 56頁
サイズ 21×16cm

セロはクリスマスが大嫌い。クリスマスはいつも、おとうさんもおかあさんも家にいないから。おかあさんはデパートの仕事がいそがしいし、おとうさんもどこかに出かけたまま帰ってこない。10歳になったセロは、おかあさんに思い切ってきいてみました。「どうして、おとうさんはクリスマスがちかづくと、家に帰ってこなくなるの?」おとうさんの驚くような秘密を知って、セロの小さな閉じた世界は開かれ、大きく広がっていきます。

<作者紹介>
斉藤 倫(さいとうりん)
1969年に生まれる。詩人。2004年「手をふる手をふる」(あざみ書房)でデビュー。2014年「どろぼうのどろぼん」(福音館書店)が、初の長篇物語。同作で日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に「せなか町から、ずっと」(福音館書店)、「とうだい」(福音館書店)、詩集「さよなら、柩」(思潮社)などがある。
<画家紹介>
くりはらたかし
1977年に東京に生まれる。マンガ、いるストレーション、絵本、アニメーションの制作を行う。1999年マンガ「アナホルヒトビト」でデビュー。絵本「むしめがねのルーペちゃん」(アリス館)などがある。


ページの先頭へ戻る