こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

岸辺のヤービ


商品名

岸辺のヤービ

出版社

福音館書店

著者

梨木 香歩

画家

小沢 さかえ

出版年

2015

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,600円

ページ数 232ページ
サイズ 21×16cm

寄宿学校で教師をしている「わたし」は、ある晴れた夏の日、学校近くの三日月湖、マッドガイド・ウォーターに浮かべたボートの上で、ふわふわの毛につつまれた、二足歩行するハリネズミのようなふしぎな生きものと出会います。そして、一粒のミルクキャンディーがきっかけとなり、「ヤービ」と名乗るその生きものと「わたし」の交流がはじまります。ヤービの語る彼らの暮らしは、穏やかだけれど、静かな驚きに満ちていました。

<作者紹介>
梨木香歩(なしきかほ)
1959年に生まれる。作家。小説に「西の魔女が死んだ」「裏庭」「沼地のある森を抜けて」「冬虫夏草」「海うそ」、エッセイに「春になったら苺を摘みに」「渡りの足跡」などがる。
<画家紹介>
小沢さかえ(おざわさかえ)
1980年に生まれる。画家。京都造形芸術大学芸術学部洋画コース卒業。2004年から2008年まで、ウィーン美術アカデミー留学。主にMORI YU GALLERYで展示を行う他、国立国際美術館でのグループ展に参加。また、台湾、香港でも個展を開催している。絵本の作品に「ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし」「チャーちゃん」(以上、福音館書店)などがある。


ページの先頭へ戻る