こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

クリスマスのりんご


商品名

クリスマスのりんご

出版社

福音館書店

著者

ルース・ソーヤ/アリソン・アトリー他

画家

たかお ゆうこ

翻訳者

上條 由美子

出版年

2012

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,500円

ページ数 200ページ
サイズ  21×16cm

クリスマスをめぐる九つのお話

クリスマスにまつわる外国のお話、九編が入った短編集です。クリスマスに読みたい絵本はたくさんあるけど、お話会などで読んで聞かせるお話の本がほしいという声からこの本はうまれました。アトリー、エインズワース、ソーヤーなど様々な書き手による、日本ではまだ知られていない心あたたまるお話の数々。たかおゆうこさんの彩りのある素敵な挿絵とともにお楽しみください。

<画家紹>
たかおゆうこ(高尾裕子)
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。玩具メーカーの企画デザイン室を経て、渡米。カリグラフィー、水彩画、銅版画などを学ぶ。絵本に「ふゆの日のコンサート」(架空社)、同アメリカ版「A WINTER CONSERT」(MILLBROOK PRESS社)、「もねちゃんのたからもの」(徳間書店)、「プリンちゃん」「プリンちゃんとおかあさん」(絵・以上理論社)、「ハムスターのハモ」「ハモのクリスマス」(以上、福音館書店)、挿絵の仕事に「ねずみの家」「池のほとりのなかまたち」「帰ってきた船乗り人形」(以上、徳間書店)などがある。
<翻訳者>
上條由美子(かみじょうゆみこ)
東京女子大学文学部心理学科卒業後、米国ニュージャージー州ラトガース大学大学院で図書館学を学ぶ。また、同州トレイントン市立公共図書館児童室に勤務する。現在、大阪YWCA千里子ども図書室代表。翻訳に「ミリー・モリー・マンデーのおはなし」「おもちゃ屋のクィロー」「ぼくと原始人スティッグ」「クリスマスのちいさなおくりもの」(以上、福音館書店)、「農場にくらして」(共訳、岩波書店)、「絵本を語る」(ブック・グローブ社)などがある。


ページの先頭へ戻る