こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ことば観察にゅうもん


商品名

ことば観察にゅうもん

出版社

福音館書店

著者

米川 明彦

画家

祖父江 慎

出版年

2010

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,300円

ページ数 48ページ
サイズ 26×20cm

チョッキにベスト。チャリンコとケッタ。「火事だー! 」と「火災です……」。年齢・地方・職業・仲間うち。おなじものでもちがう"ことば"をつかうことがよくあります。おぎょうぎのよしあしは、いったんタナアゲ。家や学校、町の中。まずはことばのいろいろをじいっと観察。ことばの地平にとびだそう!

<作者紹介>
米川明彦(よねかわあきひこ)
1955年に三重県に生まれる。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。学術博士。梅花女子大学教授。日本語・手話の研究。主な著書に「集団語辞典」「業界用語辞典」「日本俗語大辞典」「日本語慣用句辞典」「集団語の研究 上巻」(以上、東京堂出版)、「著者後を科学する」(明治書院)、「日本語 手話辞典」(第17回新村出賞受賞/全日本ろうあ連盟)、「身近なことばの語源辞典」(監修/小学館)など多数。
<画家紹介>
祖父江慎(そぶえしん)
1959年に愛知県に生まれる。多摩美術大学グラフィックデザイン科中退。コズフィッシュ代表。すべてのものに対する「うっとり力」をもって、ブックデザインの最前線で幅広いジャンルを手がける。著書に「フォントブック」(監修/毎日コミュニケーションズ)、共著に「文字のデザイン・書体のフシギ」(左右社)、「オヤジ国憲法でいこう」(理論社)などがある。


ページの先頭へ戻る