こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おめでたこぶた その3
サムのおしごと


商品名

おめでたこぶた その3
サムのおしごと

出版社

福音館書店

著者

アリソン・アトリー

画家

やまわき ゆりこ

翻訳者

すがはら ひろくに

出版年

2016

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,300円

ページ数 208ページ
サイズ 21×16cm

「おめでたこぶた」のシリーズ第3巻。1、2巻目同様、6つのお話と、巻末には物語の背景にあるわらべうたなどを取り上げ解説した「訳注のかわりに」を収録します。今回はどのお話にも人間が登場し、こぶたのサムとサムの言葉がわかる人びととの交流が温かく描かれていきます。その舞台は、料理上手のコックさんがいる大きなお屋敷だったり、心優しい農夫のいる農場だったり。そこでサムは一生懸命〈しごと〉をして、大活躍します。

<作者紹介>
アリソン・アトリー(Alison Uttley)
1884年にイギリスのダービー州に生まれる。古い農場での暮らしや森で過ごし少女時代の体験をもとに、たくさんの物語を書いた。邦訳に「くつなおしの店」(福音館書店)「グレイ・ラビットのおはなし」(岩波書店)「チム・ラビットのぼうけん」(童心社)など、絵本になった作品に「むぎばたけ」(福音館書店)がある。
<画家紹介>
山脇百合子(やまわきゆりこ)
東京に生まれる。絵本の絵の仕事に「ぐりとぐら」シリーズ(福音館書店)「木いちごの王さま」(集英社)など、童話の仕事に「いやいやえん」(福音館書店)「などがある。また翻訳の仕事に絵本「ペトロニーユろ120ぴきのこどもたち」(福音館書店)などがある。






ページの先頭へ戻る