こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

風の島へようこそ


商品名

風の島へようこそ

出版社

福音館書店

著者

アラン・ドラモンド

翻訳者

まつむら ゆりこ

出版年

2012

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,300円

ページ数  40ページ
サイズ 26×26cm

デンマークのサムス島で、島でつかうエネルギーを、すべて自分たちでつくりだす計画がはじまりました。目指すは自然エネルギーによる100%自給。本当に実現できるのでしょうか?実話を元にえがかれた小さな島の物語。巻末解説を読めば、エネルギー問題への理解が深まります。化石燃料や原子力に依存せず、くりかえしつかえるエネルギーを利用して暮らしたい。そんな思いを抱くすべての人に手にとっていただきたい絵本です。

<作者紹介>
アラン・ドラモンド(Allan Drummond)
イギリス・ロンドンの王立芸術大学でイラストを学んだ。著書に「Tin Lizzie」(Farrar Straus Giroux/グリーンアース文学賞)、挿絵に「戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ」(岩波書店)など。現在、アメリカのジョージア州のサバンナ美術大学にて、イラストレーション学科長をつとめている。
<翻訳者紹介>
松村由利子(まつむらゆりこ)
1960年に生まれる。毎日新聞社で科学環境部、生活家庭部などの記者として20年働き、退社後は文筆活動に専念している。著書に「与謝野晶子」(中央公論新社)、「31文字のなかの科学」(NTT出版/科学ジャーナリスト賞受賞)、歌集に「大女伝説」(短歌研究社)など。訳書に「だいたいいくつ?」(福音館書店)などがある。


ページの先頭へ戻る