こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ユウキ


商品名

ユウキ

出版社

福音館書店

著者

伊藤 遊

画家

上出 慎也

出版年

2003

対象年齢

小学校高学年〜

価格

1,300円

ページ数 208ページ
サイズ 20×14cm


“転勤都市”札幌の郊外に住むサッカー少年、ケイタ。小学校入学以来、彼の前には「ユウキ」という名の転校生が三度現れ、たくさんの思い出と痛みとを残してまた去っていった。六年生の新学期にやってきた四人目のユウキは、長い髪の女の子。彼女は不思議少女とあだ名され、いろいろな“奇跡”を起こして話題をさらうが、それがやがて彼女を孤立させることになっていく……。多感な子どもたちの心模様を生き生きと描ききった力作。

<作者紹介>
伊藤 遊(いとうゆう)
1959年に生まれる。京都市出身。立命館大学文学部史学科卒業。1997年、原稿応募の「鬼の橋」で第三回児童文学ファンタジー大賞受賞。刊行作品に、「鬼の橋」(産経児童出版文化賞推薦、IBBYオナーリスト文学作品)、「えんの松原」(日本児童文学者協会新人賞、産経児童出版文化賞)、「ユウキ」(日本児童文学者協会賞/以上、福音館書店刊)、「つくも神」、「きつね、きつね、きつねがとおる」(日本絵本大賞)、「狛犬の佐助 迷子の巻」(小学館児童出版文化賞/以上、ポプラ社刊)がある。
<画家紹介>
上出慎也(かみでしんや)
1963年に生まれる。石川県出身。金沢美術工芸大学美術学科卒業、同大学院美術工芸研究家修了。高校時代、8ミリ映画製作(クレイアニメ)に没頭。その後、油絵を始め、画家・鴨居玲に傾倒する。大学院修了後、都市計画関連の会社で、都市景観やまちづくり業務に12年間従事した。現在、フリーのイラストレーター、画家として、絵本・イラストレーション制作を中心に活動。


ページの先頭へ戻る