こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ココロ屋


商品名

ココロ屋

出版社

文研出版

著者

梨屋 アリエ

画家

菅野 由貴子

出版年

2011

対象年齢

小学校中学年〜

価格

1,200円

全国学校図書館協議会選定図書

ページ数 120ページ
サイズ A5判

「ココロを入れかえなさい。」また先生におこられてしまった。教室から逃げ出したぼくの前に、ココロ屋があらわれて、「さて、どのココロにいたしましょうか。」−えっ、ココロって取り替えられるの?ぼくは自分のココロをやさしいココロとい入れかえた。自分がいやになってしまうことはだれにでもあると思います。そんなとき、ココロを入れかえることができたら…。やさしいココロ、すなおなココロ、あたたかいココロ、いろいろあるけれど、自分のココロがいちばんかもしれません。

<作者紹介>
梨屋アリエ(なしやありえ)
1971年に栃木県で生まれる。「でりばりぃAge」で第39回講談社児童文学新人賞、「ピアニッシモ」で第33回日本児童文芸家協会新人賞を受賞。他の作品に「プラネタリウム」「プラネタリウムのあとで」「スリースターズ」「シャボン玉同盟」(以上、講談社)などがある。
<画家紹介>
菅野由貴子(かんのゆきこ)
1973年に神奈川県に生まれる。銅版画の制作を続けながら、絵本を中心に子どもの本の絵を描きはじめる。主な作品に「しろくまくんのこのあななぁに?」(大日本図書)、「つぶらさん」「ねこたププピピ海の中」(ポプラ社)、「むしのチロリンコンサート」(教育画劇)などがある。


ページの先頭へ戻る