こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

キツネ山の夏休み


商品名

キツネ山の夏休み

出版社

あかね書房

著者

富安 陽子

出版年

1994

対象年齢

小学校高学年〜

価格

1,300円

全国学校図書館協議会選定基本図書
教科書に載っているお話

ページ数 269ページ
サイズ A5判

弥(ひさし)は、百八ぴきの伝説のキツネに守られているという稲荷山の町で夏休みをすごすことに…。夏の輝きを描くファンタジー

<作者紹介>
富安陽子(とみやすようこ)
1959年に東京に生まれる。和光大学人文学部文学科卒業。3歳から大阪で育つ。高校在学中より童話を書きはじめる。主な作品に「クヌギ林のザワザワ荘」(あかね書房/小学館文学賞・日本児童文学者協会新人賞)、「小さなスズナ姫」シリーズ(童心社)、「シノダ!」シリーズ(偕成社)、「ドングリ山のやまんばあさん」(理論社)、「菜の子先生がやってきた!」(福音館書店/産経児童出版文化賞・推薦)などがある。


ページの先頭へ戻る