こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

いきてるってどんなこと?


商品名

いきてるってどんなこと?

出版社

福音館書店

著者

キャスリーン・ウェドナー・ゾイフェルド

画家

ネイディーン・バーナード・ウエストコット

翻訳者

中澤 洋子

出版年

2008

対象年齢

読んであげるなら5歳〜自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,300円

「あなたとねこはにているかな」という書き出しで本書は始まります。猫と“あなた”の違いを語り、花や木と“あなた”の違い、鳥と“あなた”の違いへと広がっていきます。そして、これらのものと“あなた”との違いを話した後で、すべてのものに一つだけある共通点をあげます。それは“いきている”ということ。生きているということはどういうことなのか、生きていくためには何が必要か、そして最後に生き物はどうなるのかを、著者は子どもたちにわかりやすく語りかけます。

<作者紹介>
キャスリーン・ウェドナー・ゾイフェルド
子どもの本の編集に10年以上携わった後、絵本を書きはじめる。本書をはじめとして、子ども向けの科学の本を多数執筆している。日本語に翻訳されている本としては、「山は生きている」(リブリオ出版刊)がある。アメリカ合衆国コネチカット州在住。
<画家紹介>
ネイディーン・バーナード・ウエストコット
昔話の絵本をはじめとして童謡の本の挿絵など、子どもの本を数多く手がけている。一日の大半を犬と戯れて過ごしている。アメリカ合衆国マサチューセッツ州在住。


ページの先頭へ戻る