こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

あしのうらのはなし


商品名

あしのうらのはなし

出版社

福音館書店

著者

やぎゅう げんいちろう

出版年

1982

対象年齢

読んであげるなら4歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

900円

教科書に載っているお話

馬の足の裏って、どんななの? ゴリラのは? 動物から、人間から、足の裏が総登場。またまた、絵本の中で遊びながら足の裏の進化と機能を考えます。

<作家紹介>
柳生弦一郎(やぎゅうげんいちろう)
1943年に三重県に生まれる。絵本作家。からだに関するユーモラスでユニークな作品を多数発表している。作品に「はなのあなのはなし」、「おっぱいのひみつ」、「たまごのあかちゃん」、「いろいろおせわになりました」(以上福音館書店)などがある。


ページの先頭へ戻る