こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

二分間の冒険


商品名

二分間の冒険

出版社

偕成社

著者

岡田 淳

画家

太田 大八

出版年

1985

対象年齢

小学校高学年~

価格

1,400円

ページ数 237頁
サイズ 22×16cm

子どもしかいないふしぎな世界で〈一番たしかなもの〉をさがす悟は、竜退治に出かけることになった。黒猫ダレカの約束で悟はおそろしい竜と戦うはめに!?2分間におこる冒険の物語。

<作者紹介>
岡田 淳(おかだじゅん)
1947年、兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科卒業。図工専任教師として小学校に38年間勤務。その間から斬新なファンタジーの手法で独自の世界を描く。『放課後の時間割』で日本児童文学者協会新人賞、『学校ウサギをつかまえろ』で同協会賞、『雨やどりはすべり台の下で』でサンケイ児童出版文化賞、『扉のむこうの物語』で赤い鳥文学賞、「こそあどの森」シリーズで野間児童文芸賞受賞。その他の作品に、『二分間の冒険』『選ばなかった冒険』『ふしぎの時間割』『竜退治の騎士になる方法』『フングリコングリ』『カメレオンのレオン』『願いのかなうまがり角』など多数。
<画家紹介>
太田大八(おおただいはち)
1918年、長崎県出身。多摩美術大学卒。長年にわたり児童画とくに絵本の分野で活躍。現在までに小学館絵画賞、国際アンデルセン賞大賞次席、IBA国際図書美術展金賞、講談社出版文化賞などを受賞。代表作品は『ともだち』『惑星Oの冒険』『どろんこさぶ』など多数。


ページの先頭へ戻る