こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ねぎぼうずのあさたろう
その1 とうげのまちぶせ


商品名

ねぎぼうずのあさたろう
その1 とうげのまちぶせ

出版社

福音館書店

著者

飯野 和好

出版年

1999

対象年齢

4歳~

価格

1,200円

あさつき村のあさたろうは、色白でまん丸顔の、元気のいいネギぼうず。ある日、乱暴を見かねて、村の顔役のやつがしらのごんべえをこらしめます。そこでとうとう、あさたろうは、回し合羽と三度笠に身をやつし、旅立つことに……。さて、行く手にどんな危険が?峠の茶店のふしぎな浪人の正体は?野菜たちが大活躍する、ナンセンスと痛快さあふれる一大娯楽時代劇絵本。テンポの良さ、浪曲調の語り口、迫力ある場面描写。面白さ抜群です。

<作者紹介>
飯野和好(いいのかずよし)
1947年、埼玉県秩父に生まれる。長沢セツモード・セミナーで水彩、風俗イラストレーションを学ぶ。絵本に「わんぱくえほん」(偕成社)、「ハのハの小天狗」(ほるぷ出版)、「しゃべる詩・あそぶ詩・きこえる詩」(冨山房)、「そうじき」「あるのかな」「(すずき出版)、「妖怪図鑑」(童心社)、「あくび」(文溪堂)「むかでのいしゃむかえ」(福音館書店)、挿絵に「方言どこどこ?」、「おもちゃ屋のクィロー」(以上、福音館書店)、「すいしょうゼリー」(ふるぷ出版)、「スズナ姫」(偕成社)などがある。「ユリイカ」(青土社)の表紙や雑誌「おおきなポケット」(福音館書店)の挿絵などを描くほか、人形芝居の美術、衣裳、絵本セミナーの講師など、多方面に活躍中。


ページの先頭へ戻る

キーワード検索