こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

なぞかけどうじょう


商品名

なぞかけどうじょう

出版社

金の星社

著者

中川 ひろたか

画家

大島 妙子

出版年

2014

対象年齢

6歳~

価格

1,300円

なぞかけは「○○とかけて△△ととく。その心は□□」という江戸時代からある言葉遊びで、落語家の大喜利でもおなじみ。同じ発音でも意味が異なる言葉、同音異義語の勉強にもなります。さあ、なぞかけ道場に入門しよう!

<作者紹介>
中川ひろたか(なかがわひろたか)
1954年埼玉県にに生まれる。保育士、みんなのバンド「トラや帽子店」を経て、1995年「さつまのおいも」(童心社)で絵本デビュー。1998年、ソングレコードを設立。2000年に「うたのパレット」発表。絵本に「かいくんのおさんぽ」(岩崎書店)、「うみちゃんのまど」(偕成社)、「ピーマン村の絵本たち」シリーズ(童心社)などがある。

<画家紹介>
大島妙子(おおしまたえこ)
1959年に東京都に生まれる。出版社勤務を経て絵本作家になる。作品に「ジローとぼく」(偕成社)「わらっちゃった」「ゆかいなわんころタウン」(ともに小学館)「たなかさんちのだいぼうけん」(あかね書房)「おかあさんおかあさんおかあさん…」(佼成出版社)「七福おばけ団」(童心社)「最後のおさんぽ」(講談社)「だるだるダディとゆかいなかぞく」(ひかりのくに)など。


ページの先頭へ戻る

キーワード検索