こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

シェイクスピア物語集


商品名

シェイクスピア物語集

出版社

偕成社

著者

ジェラルディン・マコックラン

画家

ひらい たかこ

翻訳者

金原 瑞人

出版年

2009

対象年齢

小学校高学年~

価格

1,600円

全国学校図書館協議会・選定図書(2009)
サイズ 22cm×16cm
ページ数 273頁

「ロミオとジュリエット」「リア王」「オセロ」など、知っているようで知らないシェイクスピアの戯曲10作品を物語にして収録。
「ロミオとジュリエット」「ヘンリー5世」「夏の世の夢」「ジュリアス・シーザー」「ハムレット」「十二夜」「オセロ」「リア王」「マクベス」「テンペスト」の10作品。

<作者紹介>
ジェラルディン・マッコラン
1951年、イギリスに生まれる。本名ジェラルディン・ジョーンズ。出版社につとめたのち、作家となる。作品に『ジャッコ・グリーンの伝説』『海賊の息子』『空からおちてきた男』『ペッパー・ルーと死の天使』など多数。また翻案作品に『シェイクスピア物語集』がある。『不思議を売る男』でカーネギー賞とガーディアン賞を同時受賞。
<画家紹介>
ひらいたかこ
1980年、絵本『ある朝ジジ・ジャン・ボウはおったまげた!?』でデビュー。書籍を中心にCMのイラストやグッズ、カレンダー、CDジャケットなど、多ジャンルにわたり活躍。ミステリ文庫のカバーイラストの仕事も多い。児童書のさし絵に『りんご畑の急行列車』など多数。
<翻訳者紹介>
金原瑞人(かねはらみずひと)
1954年、岡山県に生まれる。法政大学教授、翻訳家。おもな訳書に『かかし』『のっぽのサラ』『ジャングル・ブック』『宝島』『幽霊の恋人たち』『不思議を売る男』『墓場の少年』『武器よさらば』『バージャック—メソポタミアンブルーの影』『バージャック—アウトローの掟』など多数。


ページの先頭へ戻る

キーワード検索